インナードライ肌の女性がすべき洗顔方法とは?

 

このページでは、インナードライ肌の女性に向いている洗顔方法について紹介しています。

 

まず洗顔料の選び方として、汚れ落ちの強い洗顔料は角質の保湿機能を下げてしまうことがあるため、避けるようにします。

 

その代わりに界面活性剤が入っておらず、全成分が石けん素地を基本としてシンプルな固形石鹸は、肌に負担が少なくインナードライ肌対策には向いています。
また洗顔回数が多すぎる、あぶらとり紙で何度もこするなどをしていると、肌から必要な皮脂まで奪ってしまうことになります。
このため洗顔の回数は朝晩2回とし、あぶらとり紙はどうしても気になる部分に、そっと当てるようにしてこすらないようにします。
洗顔をする際には、水温が30度から35度のぬるま湯を使用します。
熱いお湯で洗顔すると皮脂が抜けきってしまい、肌がつっぱる他、肌の保水機能の低下を招きます。
石鹸は両手がいっぱいになるまで泡立てます。
このとき空気をたくさん含んだ、細かい泡を作るようにします。
このことにより細かい泡が、肌の細部に付いた汚れや余分な皮脂を優しく洗い落とすことができるようになります。

 

泡ははじめに皮脂の分泌量が多いTゾーンに乗せ、それから顔全体を泡で包み込むように伸ばします。顔全体が泡で包み込まれたら、
十分に洗い流してタオルで水を吸い取ります。
このときタオルで肌をゴシゴシこすらないよう、タオルを顔に当て、軽く押さえるようにしてタオルに水分を吸収させます。

 

 

 

インナードライ肌とは、「乾燥性脂性肌」とも呼ばれるもので、テカリや脂っぽさが気になる一方で、肌は乾燥しているという状態をいいます。
乾燥肌であるのに肌表面がテカる理由として、肌の水分量が少ないがゆえにこれ以上水分が蒸発しないよう、
皮脂を多く分泌することで肌を守ろうとしている事が挙げられます。

 

過剰な皮脂の分泌は毛穴のつまりや開き、テカリや化粧崩れの原因となります。

 

しかしながら皮脂を取り除こうと洗顔の回数を増やす、顔をゴシゴシ強く洗う、あぶらとり紙でこするなどをしていると肌の水分はますます蒸発し、
インナードライ肌を進行させることになります。

 

上記の点に注意しつつ、この洗顔方法をするだけで、かなりインナードライ改善につながりますので
ぜひ試してみてください^^