なんでセラミド化粧水がインナードライに良いの?

インナードライ肌というのは、「保水力の高いセラミドが逃げてしまっている状態」じゃ。
だから、セラミド配合の化粧水で、セラミドを補給してあげるのが効果的なんじゃな。

 

その中でも効果的なのが、「ヒト型セラミド」。
人の肌の中に存在しているセラミドと同じ構造をしているセラミドなので、
インナードライ肌対策をするなら、ヒト型セラミド化粧水であるかどうかをチェックしましょう。
これだけチェックしていけば、まず失敗はないと思ってよいじゃろう。

 

 

インナードライ肌はセラミドが逃げている状態

 

インナードライの肌は皮脂がたっぷり出ているのに、お肌の奥は乾燥してひび割れている状態。
 
このひび割れの隙間からセラミドとよばれる保水力の高い成分が逃げてしまい、お肌が水分不足になってしまうんじゃ。
その水分不足をカバーしようと皮脂が過剰に分泌してテカり・ベタつきになってしまうじゃな。


そもそもセラミドってなに?

お肌の内側は、角層細胞が何層にもなって重なっておる。
その角層細胞の間を満たして、細胞や水分をキープしているのがセラミド。
そのセラミドはどのような効果がある成分なのか?というと下記のような効果があるとされておる。

 

肌の潤いを長時間キープする高い保水力
お肌のきめを整える
肌荒れを防ぐ
ホコリ、紫外線、ハウスダスト、花粉などの刺激から守るバリア機能

 

肌に優しく、乾燥肌から肌を守るセラミドは高い保水力とバリア機能を持った最強の保湿成分と言われておるんじゃ。

 

まとめ

インナードライは保水力の高いセラミドが逃げてしまっている状態じゃ。
だからセラミドの量を増やす、つまりセラミド配合の化粧水を使ってお肌を改善するのがベストじゃろう。

 

もともと皮膚の表面のすぐ下にある角質層に存在していたセラミド。
セラミド化粧水は浸透力が高く、お肌に塗るだけでしっかり効果が出る安全性も高い成分じゃ。
この事から、セラミド配合の化粧水はインナードライに効果的だと言えるじゃろう。
ヒアルロン酸やコラーゲンも良いのじゃが、皮膚の奥にあるので、そこまで浸透するのは難しく、やはりセラミド配合の化粧水には及ばないと思ってよいじゃろう。

 

インナードライ基礎化粧品